著作権の話(番外編)


いよいよ明後日(12月12日)は、ソロで初めてのクリスマスコンサート。愛知県豊橋市二川宿商家駒屋さんで演奏をします。

そして来週は月曜日の夜詳細はこちらから、火曜日の午後詳細はこちらからと続けて演奏をします。駒屋さんが2回公演なので、都合4回ほぼ同じプログラムで演奏します。

 

きっかけは駒屋さんから私のホームページに「ライアーの演奏会」を開催したい、という問い合わせがあったことです。何回かメールでのやり取りがあり、私自身が演奏に伺うことになりました。

初めてのクリスマスコンサート、どういう構成にしよう?

何を弾こう?

ワクワクしながら準備をしました。そしてクリスマスの絵本からお話を選び、それを自分で朗読しながら、ライアーで曲を弾いたり、効果音を重ねたりすることに決めました。曲を決め、アレンジをし、とても楽しい作業でした。

そして完成!

 

音楽の著作権は申請済み、そうそう、絵本の著作権を申請しなくちゃ・・・遅いのはわかっていましたが、音楽の著作権もコンサートが終わってからしたことがあるし。

 

著作物の二次的利用申請の用紙をウェブでダウンロード、ささっと記入を済ませ

福音館書店にファックス!

 

1時間後、福音館書店から電話が入りました。

「申請された絵本ですが、私どもには許諾の権利がありません。作者はアメリカの方ですので、アメリカのエージェントと直接お話してください。」

なにぃ~

原作者は1952年にこの世を去っている。絵は今回は使用しないので、訳者の方だけに著作権があると安心していたのだが、アメリカの出版社に著作権があるという。

不覚だった・・・

時間はあと2日しかない。というか使える時間は数時間しかない。

絶体絶命のピンチ!

 

曲を変更するのは不可能なのでやむを得ず、曲にあわせてお話を創作することにしました。

なので

12月12日は私の作家デビューとなります!(なんちゃって~でもお話は結構気に入っています)

14日・15日の横浜のコンサート、まだお席あります。聴きにいらしてくださいね。

 


お問い合わせはこちら