ライアーをやるからには避けて通れない調弦(チューニング)の話《調弦①》


皆さんがライアーのコンサートに行かれて

深くて癒される音色に感激!

一念発起してライアーを購入されたとします

 

 

家にライアーが届きました

 

大喜びで早速弾いてみますが、期待したような音がしません

どうしてでしょう?

 

弾き方が悪いのかしら?

 

もちろん、弾き方もあるとは思いますが

 

 

音がずれていると

綺麗な音が出ないのです

 

 

ライアーを購入するともれなくチューニングが付いてきます(笑)

 

 

 

 

ピアノの調律(チューニング)は調律師さんが行いますね

 

では、他の楽器はどうでしょう?

 

 

ヴァイオリン・チェロ・ハープをはじめ

オーケストラの楽器はみんな自分でやっています

管楽器も管を抜き差しして音程を調整します

 

 

ではライアーはどうでしょうか?

 

答え→自分でやります

 

 

 

ライアーはギターやヴァイオリンに比べ

弦の本数が多いので

最初は時間が掛かりますし、慣れるまでは大変です

でも必ず出来ますし

慣れれば5分くらいで出来るようになります

 

調弦は人に任せないで自分でやりましょう

 

 


お問い合わせはこちら