障がい者施設にて


 

 

 

今日は我が家から徒歩10分ほどのところにある

障害者地域作業所に、行きました

 

月1回、ライアーを持って通っていますが

もう4~5年になるでしょうか

 

 

作業所とは言いますが

 

 

ここに通っている利用者さんたちは

 

 

障害の程度が重い方が多く

ほとんど方が作業は出来ません

 

したがってライアーも弾けません

手を弦の上に置いても自発的に音を出すことはありません

 

 

 

 

ライアーを弾くのはもっぱら施設の職員の方たちです

 

 

職員さんたちは

思い思いのスタイルでライアーを弾きます

 

 

 

今日は4台のライアーを持っていきました。

作業の持ち物であるライアーが1台あるので、合わせて5台です。

 

 

今日は利用者さんが3名、職員が5名でした

 

 

 

3名全員が手足を自由に動かすことも

話をすることもできません

 

意思の疎通をどうするのかも

わかりません

何を思っているのかしらとただ目をのぞき込むだけです

 

 

ライアーの音は好き?

 

 

 

今日はライアーを弾きながら

 

手を取り

 

音に合わせてギュッとしてあげました

 

 

 

 

私は音楽療法士ではありません

ライアーを教えるものとして行っています

 

 

 

 

 

職員の方と一緒に

 

 

ライアーの音で、手の緊張が取れるといいね~

 

ライアーの音で、呼吸が楽になるといいね~

 

ライアーの音で、興奮状態が治まるといいね~

 

 

 

と話しながら、ライアーを奏でました

 

 

 

 

 

 

本当にそうなると良いと思います

 

 

 


お問い合わせはこちら