ライアーの弾き方、基本中の基本『グリッサンド』


 

 

 

ライアーの弾き方の基本はグリッサンドです

 

 

グリッサンドとは

弦を1本ずつではなく

弦の上で指を連続して滑らせていく奏法です

 

 

グランドハープや

アイリッシュハープなどでも

 

グリッサンドはよく使われ演奏を華やかに彩ります

 

 

 

 

でも

 

グランドハープや

アイリッシュハープなどでは

 

グリッサンド以外の時は弦をはじき、

 

はじいた後の指は弦の上にはとどめません

 

 

 

 

これに対して

 

 

ライアーの弾き方は

 

一つの音を弾くときも

グリッサンドのときと同じように

 

指を滑らせて

滑らせた後は、隣の弦の上にとどめるのです

 

 

グリッサンドをするときと

一つの音を弾くときの

 

弦と指のかかわり方は同じなのです

 

 

 

そして特筆すべきことは

 

ライアーでグリッサンドをすると

とても気持ちが良いということです

 

聴いていても

弾いていても

 

ものすごく癒されます

 

 

 


お問い合わせはこちら