コンサートをします!


音楽療法の楽器として、1926年にシュタイナー教育の場で誕生したライアー。

日本では2001年に公開されヒットしたジブリ映画「千と千尋の神隠し」のエンディングテーマ『いつも何度でも』の弾き語り楽器として知られるようになり、趣味として楽しまれる方も徐々に増えてきました。


ライアーの特徴は、なんといってもその優しくて深い音色にあります。

CDなどでは得られない癒しの響きを、ぜひ聴きにいらしてください。

浜松ライアーのタイプⅡ 42弦 他を使用します。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜ライアーで秋を歌う〜
光枝康子ライアーコンサート


11月13日(月) 19:00〜(開場18:30)
全自由席 2,500円

横浜市港南区民文化センター
「ひまわりの郷」ホール

プログラム

J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲より
作者不詳 リュートのための小品より
瀧 廉太郎 秋の月
木村 弓 いつも何度でも 他


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2年半ぶりのコンサートです。

前回は春でしたが、今回は秋の曲をライアーと歌でお楽しみください。

また今回は、小倉さちこさんに友情出演をお願いしています。二人で初めてのアンサンブルで、フランスものを演奏させていただきます。そして小倉さんにはオリジナル曲のソロもお願いしていますので、どうぞお楽しみに!

お申込み・お問合せは
メッセージから、または
yasuko414mitsueda★gmail.com
(★を@に変えてください)


ひまわりの郷アクセス
http://www.himawari-sato.com/modules/access2/


お問い合わせはこちら